憧れの視能訓練士になる方法【大変やりがいのある仕事】

近年注目の職業

男性

確かな知識と技術の修得

人間は五感によって様々な情報を、得て楽しんだり悲しんだりあるいは危険を察知して生活をおくっています。五感の中でも視覚は、目から受け入れる情報を脳が正しくキャッチすることで人間の行動は決定づけられるのです。したがって目は人間にとって、生きていくために必要な情報収集のための必須アイテムといえるかもしれません。その必須アイテムをケアするためのプロフェッショナルが、視能訓練士という職業があるのをご存知でしょうか。視能訓練士になるには国家資格を取得するために受験する必要があり、受験するためにはまずは知識と技術の修得に努めます。これには高校を卒業後に指定の視能訓練士養成施設で、3年以上の期間を要します。視能訓練士施設での修得が終了すれば、国家資格を受験でき例年通りなら2月の下旬の木曜日に行われるのです。合格発表は翌月の下旬にされ、合格基準は発表後に掲示となりますが、全てをあわせて6割ないと不合格になってしまいます。試験科目は全部で5教科あり、午前中に基礎医学大要と基礎視能矯正学の試験が実施されるのです。午後からは視能検査学と視能障害学そして視能訓練学といった順番で、おこなわれ試験は1日で終了となります。合格すると視能訓練士として厚生労働省にある名簿に、名前を連ねることになるのです。具体的にどんな職場で仕事をするかというと、眼科あるいは視力向上のためのリハビリテーションと視覚関連の施設になります。近年では高齢でなくても老眼になる症例を発する人もいて、視覚に関するプロフェッショナルの必要性が高まっているのです。視能訓練士養成施設で必要な知識と技術を、修得して視覚のプロフェッショナルを目指してみませんか。

Copyright© 2018 憧れの視能訓練士になる方法【大変やりがいのある仕事】 All Rights Reserved.