憧れの視能訓練士になる方法【大変やりがいのある仕事】

活躍の場は広がる

鍼灸

将来性がある仕事

鍼灸のった効能についてきて行きましょう。「鍼」の刺激は人が本来持っている「治癒力」を活性化することで、血行を促進させて、自律神経のバランスを整えることを目的にした治療法です。一方、「灸」は体のツボを探し当てその上に「もぐさ」を燃やして刺激を与えます。効能は自律神経の調整と免疫力の向上です。いずれも地域医療の現場、介護やスポーツ、美容の世界にも広がっています。こうした鍼灸を志す場合、厚生労働大臣が指定をした養成学校で3年間(4年もあり)の過程を終了して国家試験の受験資格が得られます。試験に合格すれば開業も可能になります。養成学校とはつまり専門学校と短大、一部4年生大学にも学科はありますが、主に専門学校で学んで国家資格をとる人がほとんです。学科内容は鍼灸科と鍼灸あんまマッサージ指圧科に分かれていることが多いようです。専門学校には昼夜の部が併設されている学校もあり、社会人でも資格取得を目指す人も多いです。授業内容は鍼灸治療の基礎から応用までを学び、スポーツ鍼灸・美容鍼灸などの専門技能をマスターします。また医療現場に出て臨床実習なども行い、直に患者と触れ合うことで即戦力としても期待されます。特に現場では患者さんとのコミュニケーションが大切になりますから、この機会を生かすことは将来にも大きな意義を持ちます。学校では得られない貴重な体験になります。さらに学校に通うことで国家試験の対策も就職活動に関するバックアップもあります。3年間はあっという間です。専門知識と技術を習得して、目指す分野で道を切り開いて行きましょう。

Copyright© 2018 憧れの視能訓練士になる方法【大変やりがいのある仕事】 All Rights Reserved.