憧れの視能訓練士になる方法【大変やりがいのある仕事】

放射線の専門家

男女

資格取得と主な仕事内容

診療放射線技師は一般的にレントゲン技師、又は、エックス線技師と呼ばれていますが、職業として働くには国家試験に合格する必要があります。同試験を受けるには試験資格を得る必要があり、その為には、高校卒業後に養成課程のある学校に入り、その課程を修了する必要があります。養成課程のある学校への進み方として、大学(医療技術系学部など)、短大(放射線技師科)、診療放射線技師養成校(専門学校)などがあり、この何れかの学校に進むことが診療放射線技師になるための第一歩となります。学校で学ぶことは、医療分野の基礎となる解剖学や生理学、病理学と、理工学分野の基礎となる電気工学や遠視工学、放射線物理学などを学び、診療放射線技師の土台を作り上げます。そして後に、診療放射線技師として実際の医療現場で求められる技術や知識を専門科目を通して学んでいきます。診療放射線技師の仕事内容は医療機関の医師の指示に従い、診療を目的として人体に放射線を放射する仕事で、エックス線検査、CT検査、マンモグラフィー、MRIなど、様々な検査に携わります。従来では医師自ら検査機器を操作していましたが、検査が複雑化したり、扱う機器が高度化したことにより役割が分業化され、検査機器の操作は診療放射線技師によるものが今ではほとんどとなっています。診療放射線技師の就職先の多くは国公立病院や民間病院などの検査機関がもっも多く、次いでクリニックや健診センターなどになります。働き方は、正社員や契約、パートなど様々で、ライフスタイルに合わせて働ける職種と言われています。

Copyright© 2018 憧れの視能訓練士になる方法【大変やりがいのある仕事】 All Rights Reserved.